株式会社ピースモークアソシエーション

カテゴリー: web制作 (Page 1 of 6)

外部パートナーさん募集

株式会社ピースモークアソシエーションでは、主に繁忙期に弊社のお仕事をパートナーとして制作参加していただけるウェブデザイナーさんを年間を通して募集中です。

パートナーさんと呼ぶのは一緒に心を込めてサイトを作っていけるハートのある方を希望しているからです。

webデザイナーさんの必須スキルはレスポンシブでのHTMLCSSが身についている方です。プラスjavascriptの経験が多かったりワードプレスでCMS作成経験が複数ある方はお仕事の依頼が多くなる傾向がございます。

東京神奈川の方はお互いの生活圏の中央のカフェなどで面談できればと思います東京神奈川以外の方はzoomで面談できればと思います。

報酬は案件ごとの相互に見積もり出して決めていくスタイルで運営しています。通常月末締めの翌々月末支払いです。

制作時に利用するツールは主にチャットワークでおおまかな 疑問だし、asanaで工程管理をしています。

まずはメールフォームからご応募いただくかご質問をいただければ随時返信いたします。

メールフォームからご連絡をお待ちしております

よくある質問

他の案件と並行してピースモークの仕事をしても良いでしょうか?

フリーランスとしての立場は変わりませんので無論OKです。

アルバイトや社員の採用はありますか?

現在のところパートナーさんだけの採用です。採用開始時はブログやツイッターで告知いたします。

出社は必要ですか?

いえ、在宅でのお仕事です。

130本以上継続の力

2021年になって早くも一カ月半。日常業務に追われてコンテンツの更新ができないままになっていました。

クライアントさんのユーラシア研究所様のレポートサイト。ロシア、ユーラシアからEUにかけての論文掲載サイトですが、今日132本目のレポートをアップしました。アクセス解析を見ると各レポートがロングテールでのアクセスがあり、積み重ねの大切さを感じます。最新のレポートは新型コロナのロシアでの状況をレポートしたものですが、即時性を保ちながら論文の裏付けになる注釈が付くのですがその注釈の多さに圧倒されます。1本のレポートを完成させるためにどれだけの労力を注ぎ込んだのだろうかと考えさせられます。

ワードプレスでのご提供ですがブログ形式で、注釈の表現などCSSやHTMLの記述などがありますので当社にてアップする形になっております。

様々なロシア、ユーラシア地域のエキスパートの皆さんの渾身のレポートのアップのお手伝いができて光栄に思います。

ユーラシアレポートhttp://report.yuken-jp.com/

2021年DXの加速

コロナ禍に見舞われた2020年。様々な業界が大きなダメージを受けました。新型コロナウイルスの感染拡大は収まらずコロナ以前の売り上げを取り戻すには、国や自治体の支援はこれ以上考え難く、先端技術を駆使して、さらなる価値向上が必須になってくるでしょう。
Continue reading

2020年のウェブサイトで最低限行わなければならないこと2点

新型コロナウイルスによって、新しい生活様式を実行していかなければならなくなりました。日常生活において、マスク着用、ソーシャルディスタンス、手洗いの実施、咳エチケットの徹底などを実施していかなければなりません。ウェブサイトで最低行わなければならないことについて改めて確認してみましょう

SSL対応とレスポンシブ対応

レスポンシブ対応

スマートフォンに最適化されていないページは警告が出るだけでは無くて表示順位も落ちてしまいます。

グーグルは検索結果にMFI(モバイルファーストインデックス)を適用しました。
簡略化して言うとモバイル=スマートフォンに最適化されたサイトやページを、そうでないものより検索結果で優先して表示させています。

このブログでも何度もかいてきましたが、スマートフォン対応(可能な限りRWD=レスポンシブウェブデザイン)は早い時期に実施しなければなりません、

SSL対応

SSL対応していないと警告が表示され、検索順位も低くなってきます。

 

既存のHTTPサイトを全ページHTTPS化(SSL対応)するべきか否か。見た目は何も変わらないのに、そこにコストをかけるべきかどうかは、莫大なコストがかかるわけではありませんので、結論から言うと、サイト全体をSSLにした方がいいのは言うまでもありません。その利点を掻い摘んで書いてまいります。

SEO上のメリット
Googleの公式ウェブマスターブログで「HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるように」なるという旨のアナウンスが行われています。唐突に言い出したわけではなく、以前から推奨されておりましたので、昨年のアナウンスから改めてSSL化のを加速させる意味合いがあったのだと思われます

2018年7月からChromeでは全てのSSL・https非対応サイトに警告が表示される。
Google Chromeのセキュリティ・プロダクトマネージャーであるEmily Schechter氏は2月8日、2018年7月から全てのSSL・https未対応サイト(HTTPサイト)に警告を表示するとブログ上で発表しました。

ウェブの常識が数年前とでは違ってきていますのでウェブの新しい生活様式を、正直遅いくらいですが、ほんというに手遅れになる前に早々に取り入れていきましょう。

ほぼ100%在宅勤務

新型コロナの影響で、「テレワーク、リモートワーク、在宅勤務」が増えてきているようです、弊社のクライアントさんでも多くの企業がテレワークを導入されているようです。そんな企業の方々から「ピースモークさんはテレワークに向いている企業なので案外と楽にテレワーク導入可能ですよね」とお話しているときに話題になります。
Continue reading

多言語サイト制作もお任せください

日本語・英語の二か国語サイト制作は数多く手がけてきましたが、初めて4か国語サイトを手掛けさせていただきましたので覚え書きです。

4か国語CMSサイト制作

日本語、英語、繁体字、簡体字のCMウェブサイト制作を2020年1月オープンで作成させていただきました。今回は日英、中国語2種というレアケースでしたが日・英・中・葡などのような言語にも対応が可能です。
重要になってくるのがサイトマップを早期に作成し、本当にそのページが中国語や英語ページでも必要なのかどうかを煮詰めていくと同時に、翻訳文の準備も同時に進行させなければなりません。
ですので、担当部署の皆様はトップへの確認、関連部署への確認、制作会社や翻訳企業との連携など、相当な負荷がかかってきます。

海外戦略の基本

取引先が海外にあったり、今後海外進出を検討している企業様は海外向けパンフレットの作成等とあわせてぜひ当社にご連絡ください。具体的な制作実績はご連絡いただいた企業様へ個別にメールでお知らせいたします。

お問い合わせはこちらから

スタートアップにこそ必要なウェブのコスト配分

おかげさまで毎年数件の新規にビジネスを立ち上げる皆様のウェブの制作のお仕事をさせていただいております。新しいビジネスが軌道に乗り成長していく様子を見れるのはとても嬉しいことです。既存の企業様ですと、業界内である程度の知名度があり基本的なペルソナ設定やAIDMAの法則に則って制作・運営していけば結果は出せます。
Continue reading

建設業のホームページにこそCMSを

このブログでも何度も書いてきましたがホームページからの集客にはコンテンツマーケティングが重要です。最低限ブログを自社のドメインの中においておき、随時更新していくべきでしょう。

アメブロなどではなく自社専用のドメインの内側にブログがあることで記事を追加していくことでそのドメインへの評価が高まってくるといわれています。

建設業向けCMS

ここでいうCMSとはもう一歩踏み込んで、建設業の施工実績などを、特別な知識が無くても件数を気にせず、簡単に追加することが出来たり、ニュース欄などで完成見学会のお知らせをしたりすることをさしています。建築業界のように、毎月のように施工実績が増えていくケースは、CMSとの相性がとても良いのです。

施工実績も、多岐に渡るカテゴリーを分類して見せたりすることで、来訪者が迷わずに目的のページにたどり着く事が可能になります。

弊社では8000ページ以上の大規模な実績を持つ企業様のサイトも数十ページの実績の企業様のサイトも、建築業界向けCMSとして、その企業様のニーズに合わせたカスタマイズをして、安価でご提供しております。私どものサイトの制作実績から建設業の制作実績をご確認下さい。お問い合わせをいただけましたら、詳細な建築業向けの納品実績をメールにてお知らせすることも可能です。弊社ではメールでお問い合わせ頂いた場合はメールでお問い合わせ内容だけを返信しております。しつこい営業は致しませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

« Older posts